愛の浜園について

園長挨拶

園長 榮野和光潮騒の音や数々の渡り鳥達のさえずりが季節を知らせる奄美市名瀬知名瀬に障害者支援施設愛の浜園はあります。眼前に広がる美しい海辺の施設では、現在施設入所者が40名、グループホーム・フレンドでは22名の方が日々ゆっくりとした生活を送られています。また日中活動では生活介護が46名、就労継続支援B型事業所では24名の方にご利用いただき、更には短期入所、日中一時のサービス利用者も、知名瀬のゆっくりとした優しい雰囲気の中で想い想いの時間を過ごしています。

愛の浜園は社会福祉法人慈愛会により、昭和49年5月に奄美群島における知的障がい者の福祉充実のために開設されました。当時の奄美群島の知的障がい者を取り巻く環境はとても厳しいものでした。そのほとんどは障害福祉サービスの恩恵に預かることなく、家庭でひっそりと生活されている方が大半で、群島内に受け入れ施設がないという理由から生まれ育った島を離れる方も多く、県本土の施設での生活を余儀なくされた時代だったように思います。

このような背景から行政やご家族・地域からの強い要望に応える形で、愛の浜園の開設に至りました。以来当園の歩みは、諸先輩方の熱意・創意工夫やご苦労、そして何よりご家族や地域・行政関係者の温かいご支援・ご理解と共にありました。創立からまもなく半世紀。「原点は慈愛」の理念のもとに奄美市にある唯一の入所施設として、今現在も使命感をもって職員一同取り組んでいます。

障害者総合支援法も示すところではありますが、この40年間で障がい者を取り巻く環境は大きく変化しました。平成も終わりを迎え、障害福祉の世界も新たな時代へと突入しようとしています。大きな時のうねりの中、我々は法律や制度に翻弄されることなく、「真の福祉とは何か」また「障がいのある方の幸せとは何か」を念頭に、職員一人一人が常に考え、障がい者本人が希望される幸せな生活を送ることができるようサポートに取り組んで参ります。

末筆ではございますが、本ホームページは私共愛の浜園の取り組みを紹介し、関係するすべての方に情報を発信する園としては新しいツールです。ぜひともお楽しみいただきご意見、ご感想などお寄せ下さい。

創立以来愛の浜園の取り組みに多大なるご支援を頂戴しましたことに改めて感謝申し上げるとともに、今後もより一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成31年4月1日
障害者支援施設 愛の浜園
園長 榮野和光

社会福祉法人 慈愛会 「採用情報」社会福祉法人 慈愛会 「採用情報」

社会福祉法人 慈愛会 グループ
  • きずな保育園
  • おひさま保育園
  • サービス付き高齢者向け住宅 架け橋
  • 障がい者支援施設 愛の浜園
  • 福祉サービス 南界園
  • 公益財団法人 慈愛会
  • 社会福祉法人 慈愛会